UltrAspire Team

山本 健一

1979年10月16日生まれ 山梨県韮崎市在住。県立北杜高校保健体育科、スキー部顧問。夏秋はトレイルランニング、冬春はスキーを中心に活動しています。

ZYGOS20㎞から100マイルまでオールマイティーに使えるバックパックです。背面のストラップを絞めることにより、安定します。フロントは750ミリリットルのフラスクが安定して入るため、背中にハイドレーションタンクを背負う必要がありません。楽です。 サイドのポケットも大きくて、片方でジェルは最大14個入ります。 もしかしたら15個入るかもしれません。 他のポケットも有効活用できます。 下部にあるものはカメラなど入ります。肩にあるものはマップなど入ります。 最後にポールキャリアが非常によくできていて、着けたり外したりすることが容易にできます。所要時間約10秒。 サイズは私の場合Sです。 最高のバックパックです。

使用予定モデル

戦績

2012年

グランレイドデピレネー優勝,

2013年

アンドラウルトラトレイル第2位,

2014年

グランレイドレユニオン第8位,

2015年

レシャップベル第2位,

UltrAspire Team

石井 克弥

1987年5月18日生まれ、群馬県高崎市出身、群馬県榛名山の麓で育ち小さい時から山に親しむ。中学、高校と陸上部に所属、高校卒業後は一時走ることから遠ざかるが、2009年頃からトレイルレースに参戦。現在はヨーロッパで盛んなverticalや40km前後のskyraceに参戦している。

QUANTUM2.0max O2 sternumで微調整することができ、フィット感が抜群。見た目以上に収納力もあり、ショートレースやロードレースで使用しています。

ZYGOS100マイルに対応した容量であるにもかかわらずフィット感が非常に良く、走っていて揺れによるストレスをほとんど感じない。背面のストラップを調整することで荷物が少ない時でも揺れを最小限にすることができ、使用方法の工夫次第でショートレースからロングレースまで対応可能なモデル。主に普段のトレーニングで使用しています。

使用予定モデル

戦績

2015年

経ヶ岳バーティカルリミット21km 5位, 八ヶ岳スリーピークス38km 7位, 菅平スカイラン44km 3位, 美ヶ原トレイル80km 5位, 志賀高原エクストリームトライアングル63km 4位, 身延山修行走 36km 6位,

UltrAspire Team

渡邊千春

金融関係の仕事をしながら2000年前後からトレイルランニングを始め、2009年からは毎年海外で行われるウルトラトレイルレースに参加している。

ウルトラスパイアの製品は軽さ、使い勝手の良さともに抜きんでていると思います。ヨーロッパのレースではめったにアメリカ製品を見ませんが、ウルトラスパイアだけはヨーロッパでも支持されていようですね。

使用予定モデル

戦績

2014年10月

Grand Raid Reunion(172㎞)56位 36時間35分19秒,

2015年3月

Transgrancanaria(125㎞) 54位 19時間49分30秒,

2015年5月

OSJ Top of Tran Runner(50㎞) 21位 4時間56分56秒(国内のエリートランナー34人出走したなかで、5時間以内にフィニッシュした最終ランナー),

2015年9月

OSJ Adatara 50km 3位 6時間30分32秒,

UltrAspire Team

大石由美子

1970年、静岡県牧之原市生まれ。趣味のサーフィンのために、御前崎に住んでいる。2010年、地元のスポーツショップが主催するトレイルランニング教室に参加。翌年、道志村トレイルレース3位(44歳以下)を皮切りに、富士忍野トレイルレース、北丹沢12時間山岳耐久レース、野沢温泉4100D、上野原トレイルレース、第19回日本山岳耐久レースで女子総合優勝。トレイルランニングを始めて1年足らずでハセツネのチャンピオンに登りつめる。

ウルトラスパイアは、以前から気になっていた製品でした。体になじみ、フィット感が抜群で、まるで背負っていることを忘れるような使い心地でした。生地も薄いわりに丈夫で、作りも他社製品と比べると、とても丁寧だと思います。デザインも可愛くて気に入っています。

使用予定モデル

戦績

2011年

4月 道志村トレイルレース 3位, 6月 富士忍野高原トレイルレース 優勝, 7月 北丹沢12時間山岳耐久レース 優勝, The 4100Dマウンテントレイルin野沢温泉 優勝, 9月 上野原トレイルレース 優勝, 信越五岳 4位, 10月 日本山岳耐久レース(ハセツネ) 優勝, 玉川トレイルレースin静岡 優勝,

2012年

2月 OSJ奄美ジャングルトレイル 優勝, OSJ新城ショート 優勝、ロング 2位, 4月 東丹沢宮ケ瀬トレイルランニングレース 2位,

2013年

3月 伊豆トレイルジャーニー 優勝(復帰戦), 4月 UTMF DNF, 6月 スリーピークス八ヶ岳トレイル 優勝, 7月 The 4100Dマウンテントレイルin野沢温泉 2位, 8月 UTMB 完走(順位不明), 10月 日本山岳耐久レース(ハセツネ) 優勝, 玉川トレイルレースin静岡 優勝, 11月 神流マウンテンラン&ウォーク 優勝, 身延山七面山修行走 優勝,

2014年

3月 OSJ新城ロング 優勝, ハセツネ30k 優勝, 4月 東丹沢宮ケ瀬トレイルランニングレース 優勝, 5月 ニボレリバード(フランス) 2位, 6月 富士忍野高原トレイルレース 優勝, スリーピークス八ヶ岳トレイル 優勝, 7月 北丹沢12時間山岳耐久レース 優勝, The 4100Dマウンテントレイルin野沢温泉 優勝, 富士登山競争5合目 優勝, 8月 OSJおんたけスカイ 優勝,

2015年

4月 東丹沢宮ケ瀬トレイルランニングレース 優勝, (復帰戦), 5月 道志村トレイルレース 優勝, 7月 富士登山競争山頂 4位 , 9月 STY 2位, 10月 尾瀬岩鞍バーティカル 2位,

UltrAspire Team

岩佐 比登美

1974年3月生まれ 神奈川県在住。学生時代は水泳部に所属し、社会人になり一度はスポ-ツから離れるも’04年、プロトレイルランナ-の石川弘樹さんと出会いトレイルランニングの魅力にとりつかれ、国内数々のトレイルレ-スに参戦。

ウルトラスパイアの製品は軽量でフィット感は抜群。腹部の圧迫がなく走ってもぶれず、ストレスが少ない。100マイルレ-スまで対応できる製品もあり、トレーニングからレースまでマルチに使用しています。

使用予定モデル

戦績

2008・2009年

OSJ トレイルシリーズ女子総合チャンピオン,

2011年11月

神流マウンテンラン&ウォ-ク40K 優勝,

2012年

4月 UTMF 5位, 5月 おんたけウルトラトレイル100K 優勝, 9月 信越五岳トレイルレ-ス 優勝,

2013年

3月 伊豆トレイルジャ-ニ- 7位, 4月 UTMF 3位,

2014年

9月 白馬国際トレイルレ-ス 3位,

2015年

3月 伊豆トレイルジャ-ニ- 7位, 4月 ハセツネ30K 5位, 4月 善光寺ラウンドトレイル 優勝, 5月 峨山道トレイルレース 2位, 7月 おんたけウルトラトレイル100K 優勝 (2008年、2012年優勝), 9月 UTMF 完走・・・,

UltrAspire Team

髙村 貴子

1993年1月22日生まれ 石川県白山市出身(金沢市の隣です)。 旭川医科大学(医学科4年)、現在、競技スキー部に所属。

クロスカントリースキーのトレーニングの一環でトレイルランニング大会に出たのがきっかけで走り始める。2016年イタリアで開催されたスカイランニング・ユース世界選手権では女子2位、同年のハセツネでは女子優勝と成長著しい注目の若手アスリート。

使用予定モデル

戦績

2015年

ハセツネ30K 4位, 峨山道トレイルラン(73キロ)3位, 富良野アドベンチャートレイルラン(15キロ)優勝, 大雪山ウルトラトレイル 白滝天狗トレイル(40キロ)優勝, OSJ山中温泉トレイル(74キロ)優勝, 北海道アウトドアフェスティバルinルスツ(60キロ)優勝, ハセツネCUP 3位, 身延山七面山修行走(36キロ)優勝,

2016年

ハセツネ30K 2位, 道志村トレイル(42キロ) 総合2位、39歳以下優勝, 白馬国際トレイルラン 50km 女子優勝, 日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP、ハセツネ) 71.5km 女子優勝,

UltrAspire Team

菊嶋 啓

中学、高校と陸上部に所属。大学時代は中央大学で陸上部で走り続けるが、箱根駅伝の舞台では走ることができず卒業。卒業後は陸上自衛隊に入隊。

27歳の春にハセツネ30kでトレイルランレースを体験。その魅力に引き込まれる。

使用予定モデル

戦績

2011年

ハセツネカップ4位,

2012年

ハセツネカップ3位,

2015年

信越五岳トレイルレース2位, 富士登山競走2位,

2016年

ハセツネカップ2位,

BACK NEXT